スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

11月, 2012の投稿を表示しています

写真用露出計アプリ「LightMeter」をv2.1にアップデートしました。

「LightMeter」はGooglePlayからダウンロードできます。

昨日からもう一つバージョンアップを行いました。

今回追加された機能は「ストロボモード」です。
ストロボを光らせたときの露出値を画面に表示します。
ボタンを押して、モードを「ON]にした状態でストロボ光を当ててください。

その他、使い勝手の面では、測定ボタンを押しっぱなしにすると、画面に表示される露出値が随時更新されるようになりました。

写真用露出計アプリ「LightMeter」をアップデートしました。

「LightMeter」はGooglePlayからダウンロードできます。

しばらくぶりです。

最近またライカを持ちだして写真を撮り始めたのですが、ブランクが長すぎて露出が分からなくなってしまいました。

ずいぶん前にスタジオデラックスを売却してしまったので、本当にこのアプリが活躍しています。


そうして自分で使って感じたのが、ライカM3の初期型であるダブルストローク(DS)モデルは、基本、大陸系列のシャッターなのに、1/200秒のところが1/250秒になっているために露出が合わせづらいということでした。

というわけで、自分のためにライカM3DSのシャッター系列を追加しました(^ω^)すんまそん。
あとアイコン画像を変えました。


あと、海外圏の方から性能面で酷評を頂いてるのですが、こればっかりは機種依存で収集がつきません。
初代GalaxyTabなんて、センサーから拾える光が暗くて二段以上アンダーになったりもします。

LightMeter(GooglePlay)